タロット占いのやり方と占いによって分かること

タロット占いのやり方と占いによって分かること電話占い情報
タロット占いのやり方と占いによって分かること

タロット占いのやり方

タロット占いは、22枚の大アルカナカードと56枚の小アルカナカードを合わせた78枚のカードを使って行います。

占いたい内容を問いかけながらカードをシャッフルし、決められたポジションにカードを展開してきます。

展開するポジションは、シンプルなスリーカードや少し複雑なヘキサグラムなど、占いを行う人や問いかける内容によって様々です。

ポジションに合わせて展開したカードの種類や向きによって、現在の状況や今後のことなどを読み解いていきます。

タロット占いの歴史

タロットカードというのは15世紀ごろにゲーム用に作られたカードで、占い用のカードとして世の中に広まったのは19世紀になってからです。

紀元前から行われている占いも多い中、タロットカードは比較的歴史の浅い占術となります。

ただ、古代エジプトが起源という説もあるなど、タロット占いの始まりには諸説あり、カードにもいくつかの種類があります。

日本で広まっているタロットカードは、1909年に出版されたウェイト版タロットです。

タロット占いでは何が占える?

タロット占いで分かることは、過去と現在と未来です。

未来といっても占うことができるのは、長くて半年先位と考えておく方が良いでしょう。

それ以上先の未来を占うことも可能ですが、変えることができない過去や現在とは違い、未来というのは行動によって変わってくものです。

そのため、タロット占いによって分かるのは近い未来と考えておくことがおすすめです。

タロット占いでは、自分自身の状況は勿論、気になる人の運勢なども占うことが可能です。

タイトルとURLをコピーしました