長年隠し続けられ、古くは軍事利用されていた算命学

長年隠し続けられ、古くは軍事利用されていた算命学電話占い情報
長年隠し続けられ、古くは軍事利用されていた算命学

算命学のやり方

まずは、生年月日から命式というものを算出します。

命式には陰の占い結果と、陽の占い結果が表示されています。

自然界にある物で表現された陰の占い結果から、今後の運命や運気などを、詳しく読み解いていきます。

陽の占い結果からは、占われた人の性質を読み解いていきます。

最後に12年に一度巡って来ると言われている天中殺という時期を算出します。

天中殺は、新しい事を始めるのは控えた方が良いと言われています。

算命学の歴史

算命学が完成されたのは、およそ2300年前に、中国の鬼谷子によって陰陽五行を人間の生年月日に当てはめた事により創生されたと言われています。

戦時中だった事もあり、軍隊の編成に利用されました。

それらは内部秘密として扱われて長年に渡り一部の人々にだけ語り継がれて来ました。

昭和40年代に入り、日本人の高尾義政に伝わってからは、内部秘密の制約も無く、数多くの人々に広がりました。

算命学では何が占える?

占われる人の性質を自然界にあるものと星とで表現する事が出来ます。

自然界にある草花などで表現することにより、その人の行動パターンや思考パターンなどのおよその性質がわかります。

星は8つの星が表現されて、それらから今後に影響を及ぼすものや情勢がわかります。

星が公転するように、様々な運命が周期的に回ってきます。

それらを踏まえて今後のより良い人生の歩み方がわかります。

タイトルとURLをコピーしました